FC2ブログ

嫌われ者のスギナを活用してみる

こんにちは、びくとり男です。


先日、庭の草むしりをしたのですよ。
密林になってしまったので。

そんなときに、ツイッターやブログで見かけた、
スギナ茶を思い出して、
作ってみようと思いました。

スギナ茶は、伸びきってしまった物でも使えるので、
猫の糞にやられていない当たりから適当な量を採取しました。
201805132032048b3.jpg

左側のですね。

これをまずは水洗いします。
結構水を弾くようで、さっと洗っても水がすぐに落ちるので、
汚れも付きにくいんでしょうかね。

ごみを取るようなイメージで、ガサガサと洗います。

これを、干し網に入れて天日で干します。
水分が飛んでカラカラになるまでとありますが、
なかなか乾き具合が分からないので、1日で取り込みました。

触ってみると、結構乾燥してはいますが、
芯が残っているような感じがします。
あと、そこはかとなく草の香り。
(美味しくなさそうな方向性の)

まぁ、いいか。
この後、空煎りするし。

201805132032052cd.jpg

空煎りですが、これは入れすぎ。
混ぜるとボロボロ落ちてしまいます。
気にしない、気にしない。
どうせまだ外にあるしね。

・・・ふと、我に返ると、なんだか嗅いだ事のあるような香りが・・・。
これは・・・!

抹茶のような香りですね。


抹茶のような香りではないです。
抹茶のような、です。

微妙なニュアンスですが、
「これは、抹茶だ!!」ではなく、
「これは・・・・・・、抹茶・・・かな?」
みたいな、ちょっと疑問が残るような方です。

ですが、先ほどまでの美味しくなさそうな「草っぽい」香りではなく、
期待が持てる香りになってきました。

完成形が分からないので、適当なところで空煎り終了。
フライパンからおろして、瓶に入れながら適当に砕きます。

20180513203207d59.jpg

結構できました。


では、早速いただいてみましょう。

お湯は400ccで、ティースプーンで2杯入れて、
沸騰したお湯で7分間、蓋をしたまま煮出します。

水色(すいしょく、と読む。紅茶なんかで使いますね)は鮮やかな緑。
細かい網で濾したので、ごみのようなものもないし、きれいに透き通っています。

では、一口・・・。

・・・。・・・・・・。・・・・・・・・。
あんまり良くわからない。

思ったよりは草の感じはないのだけど、いかんせん薄い。
400ccに対してティースプーン2杯は少ないんだろうね。

では、ティースプーン3杯に増量して、再チャレンジ。

・・・。・・・・・・。
うん。これならいいかも。
心配していた草っぽさはほとんどなし。
かといって、個性的なものもなし。
めちゃくちゃ美味しいというものではないけど、
我慢して飲むような味ではない。
普通に飲めるような味ですね。

ただ、冷めるにつれて、若干の青臭さが出てきます。
ほんの少しなんで、気にしなければ飲めますけどね。

もしかしたら、空煎りが弱かったのかもしれません。
もう少し煎ってみようかな?



でも、期待はできます。
それに、厄介者でしかなかったスギナが、
利用できるとあれば、見る目も変わりますね。

新芽のころは食べられるとも言いますし、
庭先で栽培している気分で、これからも時々利用してみましょうかね。


広告 -こちらは広告です。いつもクリックありがとうございます。-




よろしければ、応援の1ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

こちらからお買い物いただけると、僕が超喜びます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント