FC2ブログ

「ジオグラフィカ」にハンターマップを表示させるぞ

こんにちは、びくとり男です。

スマホの無料アプリ(一部機能のみ仕様可能。制限解除は有料)の
「ジオグラフィカ」というものがあります。

一部機能を使用するだけなら無料ですが、かなり便利ですよ。
(ほとんど使いこなせてないけど・・・)

無料でもGPSロガーとして使用できますしね。
電波が入らないような場所でも、先に地図を読み込んでおけば、
「機内モード」にして電池の使用量を抑えたままGPSを受信できますし。


そんな便利な「ジオグラフィカ」で、狩猟者必携の「ハンターマップ」を
表示させることができるそうです。

ことの発端は、あるフォロワーさんのこんなツイート。

「ハンターマップをジオグラフィカに入れるという試み・・・出来た!」


・・・なんですと?
ジオグラフィカでそんなことができるんですか?

これまでに時々起動し、トラックを記録したことがあり、
その精度と速度には驚いていました。
山をゆっくり歩く程度でもしっかりと記録してくれています。

単純に現在位置を確認するだけでも、
グーグルアースよりも速く、細かく確認できます。
(これまで、3年前のマップをグーグルアースに落としていたデータをもらって、
 そちらでハンターマップを簡易的に確認していました)

もし、ジオグラフィカでできたら、すごい便利だよね…!!

ということで、早速やり方を聞いて、落とし込んでみました。

20180321105848b74.jpg


あえて、ハンターマップと通常の地図の境目のところの
スクリーンショットです。
結構位置は合っているので、使えそうですね!
ハンターマップの解像度がやや低いのですが、これは
ファイルサイズやら、取り込み状態やらの制約を受けるので、
多少は妥協しましょう。

でも、とっても便利ですね~。


さて、僭越ながら、やり方を紹介させていただきます。
このような有効なツールは共有したいですからね。

ここで、注意点というか、前提というか・・・ですが、
「Windows」で「Android」の場合での説明です。

「Mac」や「i-Phone」ではソフトやアプリが違うので、
また別の方法になります。
そして、ごめんなさい。そちらはわからないのです。
申し訳ありません。


では、参りましょう。

手順1.「カシミール3D」をPCにインストールする
ダウンロード、インストールしてください。
無料版で問題ありません。

手順2.カシミール3Dを起動する
説明不要ですね。

手順3.範囲を選択する
カシミール選択準備
「編集」タブの「選択範囲を決める」をクリックします。

そして、
なにか明確な目印を決めて始点と終点をクリックします
いいですか?始点と終点をわかりやすい明確なポイントにしてください。
これがずれると、ジオグラフィカで表示させるときに地図がズレます。

カシミール選択

範囲を選択すると、このように赤の網掛けがされます。
この範囲が選択されている状態になります。

そして、この範囲が選択されたままの状態で・・・

手順4.マップを切り出し・保存します。

「ツール」タブの「マップカッター」、「切り出し」をクリックします。
カシミールマップカッター保存

すると、このようなウィンドウが開きます。

保存

出力形式は「KMZ」にします。
ファイル名は何かわかりやすいものを付けるといいと思います。
この画像では「area1」としています。
ファイル種類は画像ソフトやスキャナソフトで一番使いやすいものでいいと思います。
僕は、windowsの「ペイント」を使用したので、ファイル容量が少ない「JPG」形式にしました。

これで、指定した保存場所に「area1.kmz」というファイルが作成されました。

手順5.ハンターマップを取り込む
スキャナで直接紙を読み取ってもかまいませんし、データでダウンロードしてもかまいません。
僕の場合は、県のHPでハンターマップのpdfファイルが公開されていたので、それをダウンロードしています。


手順6.カシミールで選択したものと同じ範囲で切り出す

この手順で、始点と終点を明確な目印を使用する理由が明らかになります。
画面を画像として取り込む「プリントスクリーン」等の手法を駆使して、
カシミールで地図の選択範囲を決めたポイントと同じ、始点・終点でハンターマップを切り出してください。
ピクチャ切り出し

いいですか。
始点と終点を先ほどと同じポイントですよ。

こうして切り出した地図を、カシミールでKMZ形式で保存するときに選択した
ファイル種類と同じ形式で保存します。
今回は「JPG」形式でしたので、それを選択します。
また、ファイル名は「custom_map」としてください。

手順7.「area1.kmz」の拡張子を「.zip」に変更する
先ほど、カシミールでマップカッターで切り出して保存したときにできたKMZファイルがありますね。
これの拡張子を「.kmz」から「.zip」にしてください。
そのまま「名前を変更」で打ち直すだけです。

こうすることで「kmz」ファイルが「zip」ファイルになります。
・・・というのも、基本的にはこの二つの拡張子は同じ物のようです。
PC上で開くためには「zip」が、
ジオグラフィカ等では「kmz」が適しているということでしょう。

「.zip」に変更したら、このファイルを解凍します。

手順8.解凍したフォルダのJPGデータを入れ替える
そうしたら、解凍したフォルダを開いてください。
このフォルダを開くと、フォルダ内に
「doc.kml」
「custom_map.jpg」
この二つのファイルが入っていることが確認できます。

これらは、多分、「.kml」が位置情報が詰まっている物で、
「.jpg」はただ単に表示する画像です。
そして、この二つによって「表示する画像」と「位置情報」が生まれ、
ジオグラフィカ等に「正しい位置」に「正しい画像」が表示されることになります。

で す が 、
今回はその「正しい画像」を「ハンターマップ」に入れ替えてしまえば、
「正しい位置」に「ハンターマップ」を表示することができる。という寸法です。

やってみましょう。
「元々あったcustom_map.jpg」を削除し「ハンターマップを切り出して作ったcustom_map.jpg」を
このフォルダ内に入れこみます。
画像データを入れ替えてしまうわけですね。

手順9.このフォルダをKMZ形式に戻す
今の状態ですとフォルダ名は「area1」になっています。
これをまずは「zip」ファイルに「圧縮」してください。

無事圧縮されると「area1.zip」ファイルが作成されます。
そしたら、先ほどの逆の手順で「area1.zip」の「zip」を
名前を変更して「kmz」と打ち直すだけ。

これで「area1.kmz」ファイルに戻す事が出来ました。
(画像ファイルは入れ替わってますが)

後は、スマホにメールでこのKMZファイルを送信するなりして、データを送信し、
スマホで、ダウンロードした「area1.kmz」ファイルをジオグラフィカに関連付けるだけです。

こうすると、ジオグラフィカで「カスタムマップ」として、今の位置情報と画像が認識され、
最初に示したスクリーンショットのように表示できる。
・・というわけです。

今回の手順では、範囲を狭くしたので、全県を表示させることができなかったので、
細かく何枚もカスタムマップを作製するなり、
大きく一枚で取り込んで、一枚で表示させるなり、
好みに合わせて、カスタムするだけです。

ただし、細かくすると、ジオグラフィカ上で解像度が上がる代わりに
ファイル容量を食うのと、継ぎ目のずれが出てくることになり、
大きい画像にすると、継ぎ目はできず、容量が抑えられる代わりに、
解像度が低くなり、位置のずれが大きくなる恐れがあります。

なお、Androidのジオグラフィカではカスタムマップの容量は
「5MB」までなので、あまり精密にしすぎると表示できなくなります。
(今回の「area1.kmz」では、おおよそ150KBの容量です)



ふう・・・。
いつものように長くなってしまいましたが、
このようにすれば、みんな大好きな「ジオグラフィカ」に
ハンターマップを表示させることができます。

取り込んだカスタムマップは、ジオグラフィカ上で、
表示・非表示を複数選択できますので、その時に必要な箇所だけ
表示させれば、ファイル容量も小さくて済みますよね。

今日の猟場だけ表示させる、ということもできます。

来期の猟期前には「平成30年度版」のハンターマップが公開されますので、
その時はまたガシガシ取り込んで表示させていきましょう!!

なお、これは「ハンターマップ」を何か別の地図にすれば、
また違った地図にできますので、拡張性の高い方法ともいえますよね!!

他にも、ハンターマップを表示させる方法があるよ!、こっちの方が簡単だよ!
こっちの方がきれいだよ!などあるかと思いますが、
あくまでも一例として、参考にしていただければと思います。


よろしければ、応援の1ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

こちらからお買い物いただけると、僕が超喜びます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

勉強になりました~

びくとり男さん
僕もジオグラフィカを猟の時に使ってますが、こんなことできるですね。
いい情報ありがとうございます♪

さくらんぼーさん

コメントありがとうございます!

この元ネタはツイッターで教えてもらいました。
(ゝω・)
ジオグラフィカでハンターマップ表示は
ホントに便利ですよね~。

ツイッターでも、多くの人達から反響をいただきました

近々スマホを腕に付けるやつを買って、
猟や下見の時に使いやすくするつもりです(o´∀`)b