FC2ブログ

2018年、射撃練習1

こんにちは、びくとり男です。

来期の猟期に向けての準備期間です。

休むのは惜しいので、射撃用で練習しましょう!!

去年は、銃を所持してとにかくうれしかったので、
50mで撃って、○○cmに収まった!と喜んでいました。

ですが、猟期にはいってみれば、当たらない当たらない。
命中率(半矢も含めて)なんか、10%程度でしたよ。

これはまずいぞ
ホントにそう思いました。

いままでは、どれだけまとまったか(それでも経験者に比べればバラつきすぎですが)だけ考えていたので、
「当てること」に主眼を当てていませんでした。


そこで、今年は「当てること」に重きを置いて、練習することにしました。
練習方法は以前にもブログに書きましたが、
10m射撃で5mmの的を撃つことを練習します。
これで、パララックスをなくす練習も込みにしようと思います。

それに、10m射撃なら料金が半額ぐらいですからね。
数多く通うことができますね。


それでは、早速練習に行きましょう。

練習場所はいつもの「ニッコー栃木綜合射撃場」です。
ですが、去年とは違って10m射撃場です。

201803111611176a0.jpg

いやぁ、去年は「10m射撃で45.5mmの的に当てたってねぇ・・」と
馬鹿にしてました。

今の僕からすれば、
馬鹿はお前だ!!!
と、去年の僕を叱りつけたくなります。泣くまで叱りますね。

45.5mmに当てるんじゃないよ。
5mmに当てるんだよ!!

10mで5mmに当てられれば(10点圏内)、理屈上、50mで25mmに当てられることになり、
キジバトぐらいにはヘッドショットできるだろう。という考えです。

ただ、今のスコープはMAXの14倍にすると、的にピントが合わなかったので、
微妙にボケますが、9倍なら使えなくもないかも。

ということで、9倍で撃ちます。

依託射撃で肩慣らし後、自作の的を撃ちます。

1か所に付き1発。
シールにかすりでもすればOKとします。

まずはしっかりスコープで覗くことを意識して、
9倍の依託射撃。

9発撃ちこんで、8発はかすりました。
2発は直撃。

よし、では50mを想定して、倍率を下げてみよう。
ということで、MINの4倍にします。

・・・ううむ。的が小さい。これは狙いにくい・・・?
・・・・・・あれ・・・?狙いにくい・・・・か?

9発撃ちこむと、9発かする。
全弾命中です。
直撃はこれも2発。

はて。狙いやすかったような気がする。

ということで、その他にも膝撃ちと「戦争撃ち」と呼ばれることもある、
左手で右腕を掴み、腕に銃を委託する膝撃ちでも
それぞれ4倍と9倍で撃ちこみました。

条件は下記の通り
①依託射撃 9倍
②依託射撃 4倍
③膝撃ち   9倍
④膝撃ち   4倍
⑤戦争撃ち 9倍
⑥戦争撃ち 4倍

これらをデータとして見やすくするため、的の中心から着弾箇所の中心までの
直線距離を計算しました。
また、直線距離が5.0mm以下(的にギリギリかする)のものを「着弾」としてまとめました。

まずは、的紙から。

20180311161115868.jpg

小さくて済みませんが、
左上が①左下が②中の上が③・・・というようになっています。

では、計算結果です。

①平均の直線距離 3.65mm 着弾8発
②平均の直線距離 3.30mm 着弾9発
③平均の直線距離 8.16mm 着弾2発
④平均の直線距離 6.39mm 着弾2発
⑤平均の直線距離 8.48mm 着弾1発
⑥平均の直線距離 7.66mm 着弾2発

すべての射撃姿勢で、9倍よりも4倍の方がまとまっています。

本来、もっとまとまりそうな「戦争撃ち」ですが、
構えた時に、明らかに「スコープが近く」、「撃ち上げになるので、無理な姿勢になる」という感じがしました。
もっと水平に近ければ結果は変わったかと思います。


考察としては、
1.的が5mmになったため、狙う集中力が45.5mmよりも高まり、バラツキが小さくなった。
2.9倍よりも4倍の方が狙いやすかった
3.「戦争撃ち」は条件によっては使いにくい

1については、狙う箇所がピンポイントになったので、的が小さくなったのに「狙いやすく」感じました。
これは、猟場でも似たような効果が期待できますね。

2については、意外でした。
思えば、9倍では手ぶれすると大きく視野が動き、それを修正しようと反対側に動かすも、
大きく動いてしまう。それを修正するために・・・・と、悪循環になっていましたが、
4倍だと手ぶれがあまり気にならなくなり、また、素早くエイムできました。
なるほど、今度から、見える範囲でなるべく低い倍率の方がいいのかもしれませんね。
(手ぶれ以外にも、パララックスが小さくなることも期待できる)

3は、実は去年も思っていましたが、「戦争撃ち」を主体として考えていたため、
通常の構えの時に無理をして構えるような設定にしていました。
ですが、思いのほか撃ち上げはきついため、直そうと思っていたのです。
撃ち下げなら結構楽になるので、撃ち下げ専用としたいと思います。
なので、膝撃ちを練習する感じですね。



ということで、意識を変えて練習を始めて1回目ではありますが、
思いのほか手応えや教訓を得ることができました。

ですが、今回の結果は、猟果に結び付くかというと、まだまだです。

膝撃ちで5割以上は当てたいですね。


これからも、引き続き通って、練習が必要です。
まずは、とにかく10mでしっかり当てることですね。


よろしければ、応援の1ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

こちらからお買い物いただけると、僕が超喜びます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント