FC2ブログ

散弾銃、心決める

こんにちわ、びくとり男です。

先日から迷っていた、一丁目の散弾銃ですが、
だいたいこれ、というものを決めました。
まだ買わないけど。(買えない、の間違い)

追記。やっぱり迷ってます。

一丁目は、上下二連にすることに心決めました。
上下二連の交換チョークのものです。

では、なぜ交換チョークの上下二連なのか、理由を挙げたいと思います。

1.回転不良が起きない(信頼性が高い)
2.折っていれば発砲できない(安全性が高い)
3.折るだけで銃身内の異物確認ができる(安全性が高い)
4.銃身が2本ある

これは、上下二連では当たり前の項目ですね。
銃身が2本というのは重量面ではデメリットですが、
後述の理由から大きなメリットであると考えました。

5.交換チョークなので、想定したシチュエーションに合わせられる。

これが一番大きい理由です。

・・・え?
交換チョークならその他の形式でもいいんじゃないの?ですって?

そうですね。
「交換チョーク」だけが欲しいなら、他の銃でもいいでしょうね。

僕が欲しいと思った機能は、
銃身が2本で、交換チョークがあるという点です。

トラップ射撃をしたいのならば、インプモデとフルにすればいいし、
スキート射撃をしたいのならば、シリンダーかスキートにすればいいし、
この状態ならスラッグも撃てます。
また、チョークを変えることで、一丁の銃で、狩猟にも射撃にも使えますからね。


・・・というのは先週までの考え方。
これだけでは、上下2連が欲しいと言えるまでではありませんでした。

ですが、今日の仕事中に、ふっと降りてきました。

「初矢をシリンダーかスキートで、二の矢にフルを入れることもできるんやで」

目からうろこでした。

初矢をスラッグで発砲するも外す。
走るシカ。
定まらない照準。
距離があいてしまう・・・。
ここで、フルでバックショットを撃つ!!

こんな使い方ができるんですね。
追記、大日本猟友会ではバックショット(6粒、9粒、15粒)を「使用禁止」としているそうです。
じゃあ、片方はインプシリンダーにして、不意に出会ったヤマドリにも対応できるようにするさー。

銃身が二本あることで、想定できるパターンに幅を持たせることができるんです。

シリンダーで、スラッグと近距離の散弾。
フルで、遠距離の散弾。
というように。



だから、経験者の方で、「上下二連の交換チョーク」を薦める方が多かったんですね。

どのようなシチュエーションでも合わせられるので、
いろんな狩猟を経験し、スタイルが決まったところで、専用の銃を選べばいいんですよね。
やっとわかりました。

僕は、単独忍び猟もしたいし、巻狩りも参加するかもしれない。
単独忍び中にキジやヤマドリを見つけたら撃つかもしれない。
これらに一丁で対応できるんです。


ということで、僕の最初の銃は上下二連の交換チョークにします。
追記。やっぱりスライド式と迷ってます。
後は、お金貯めないとね。

それと、猟友会の方々に話をして、廃銃予定あるかも聞いてみようっと。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント