キジバトのロースト

こんにちは、びくとり男です。


先日、念願の初猟果をあげましたが、
僕が狩猟をおこなう目的は、「美味しいもの食べたい」です。

なので、食べるところまでが狩猟です。
(帰るまでが遠足です。のノリで。)

しかも、キジバトのローストが食べてみたかった・・・!!


キジバトは、レバーっぽい風味とのことですが、
バターと非常に合うとのことで、「バターロースト」というものにしてみます。

まずは、チルド室で保存していたキジバトを常温にするため、
30分室温で放置します。

201801071901316e3.jpg

熟成する時や、冷蔵庫内で短期保存するときに、ペットシーツは便利ですよね。
水分がたまることで腐敗しやすくすることも防いでくれるし。安いし。

その間に、バターと付け合わせの野菜を準備しましょう。

バターは1羽当たり、10gを目安とのことですが、家で常備しているのは、15gぐらいの塊。
(業務スーパーの無塩バターのブロックを買って、切り分けています)
ちょっと多めに贅沢に行きましょう!!

201801071901321a8.jpg

これを極弱火で溶かし、潰したにんにくを1欠入れて温めて、香りを出します。
ここへ岩塩を少々と、香りづけ程度にわずかに醤油を入れます。
(このレシピは「狩猟の教科書」から頂きました。)

付け合わせは、マッシュルームと玉ねぎ、人参、ジャガイモにしました。
これを、頂き物のローズマリーオイルで炒めます。

先ほどの溶かしバターをキジバトに塗り、付け合わせの野菜と一緒に、
アルミホイルでくるむのですが、大きいアルミホイルが無いので、
メスティン(大)に入れてしまおう。

付け合わせを敷いて、その上にキジバト。
201801071901339ee.jpg

これを、160℃のオーブンで20分ごとにもも肉に串を刺して、肉汁が出なくなるまで火を通します。
また、このときに、まんべんなく先ほどのバターを追加で塗ります。

40分ほど焼いたところで、肉汁が出なくなったので、このまま15分ほど余熱で寝かします。
あまり火を通しすぎると、レバー臭が強くなってしまうそうです。

20180107190134f5c.jpg

焼き上がり。いい感じ。
・・・と言いたいところですが、野菜が硬かった。
キジバトは火が通っているはずだから、野菜は電子レンジ加熱でいいか。

さて、気になるキジバトの身は・・・。

20180107190136d58.jpg

ちょっと赤いけど・・・。ローストだからこんなもんかなぁ。
まぁ、いいや。一口行ってみよう!!

・・・・・!!!
うまっ!?

何これ、すごい美味い!!!!
レバー臭さは皆無。
これならもう少し火を通してもいいはず。

・・・ということで、赤過ぎるのが気になったので、電子レンジ加熱。

しっかり火が通ったキジバト。
レバー臭はどうでしょうか・・・?

レバー臭さが全くない!?

旨味も失ってない・・・!?
これは、美味い!!最高だ!!

自分で獲った。
初猟果。
この最高レベルのプラシーボ効果で「美味しい」と思っているかもしれませんので、
連れにも食べさせてみます。

連れ「鴨よりも美味しいし、レバーみたいな感じはない」
とのことで、かなりの高評価。


レバーっぽいという情報はなんだったのでしょうか・・・?

・・・もしかすると・・・?


そういえば、この個体。
そ嚢を貫通していたもののクリーンキルではなく、
気管や頸動脈は損傷なし。
半矢状態だったものを、自分で首を切って、止めたもの。
つまり、血抜きが完璧な状態のものでした。
また、エアライフルなので、1発で仕留め、
内出血した肉ではないということも大きいでしょう。
エアライフルでよかった・・・!!

血抜きすると、キジバトはレバー臭くないのかもしれないですね。
まぁ、血抜きしていない鳩は食べたことないので、断言はできませんけど、
レバーが苦手なので、今回のような味であれば、ありがたい。

次回も獲れたら、即血抜きをしよう。
クリーンキルであっても、頸動脈が切れていなかったら、切る。
心臓が動いてなかったら、頸動脈を切って逆さづりかな?


それにしても、今回のキジバトは想像をはるかに超える美味しさです。
家族からも追加のリクエストが来るほどです。

また獲れて、血抜きができていれば、
コンソメスープをかけながらのローストにしようかな。


今回のキジバトは初猟果で、かつ、非常に美味でした。
きっと、これから先も忘れられない大切な記憶になるでしょう。


今日も、命をありがとうございました。


よろしければ、応援の1ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

こちらからお買い物いただけると、僕の20番スラッグ銃購入の日が近づくかもしれません。。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おめでとうございます

びくとり男さん
初猟課おめでとうございます♪そして旨そう
僕はまだキジバト獲ったことがないので早く獲ってみたいです、その際はこのローストをやってみたいものです。
あと岩塩の粉になっているものを見つけたので買ってみましたよ

Re: おめでとうございます

ローストは、キジバトにピッタリな調理法でした。
もちろん、今回も岩塩を使用しています(笑)

ハトは、毛をむしったら手のひらぐらいになってしまい、
ちょっと残念な気分になりましたが、
食べてみたらものすごく美味しいですよ。

個人的にはキジ、カルガモよりも好きです。
しばらくは、ハトメインにしようと思うぐらいです。
回収がカモよりも簡単なのもポイント高いですね♪

キジバトちゃんのロースト最高ですよね。むしろ。ロースト以外の美味しい調理法を知らない(笑)。

カモよりも回収は簡単ですが、真下に落ちているはずなのに、保護色と同化し見つけられない悔しさも味わってください(笑)

ぜんじがらさん

鳩南蛮蕎麦や、タレに漬けて焼いたりとか考えてもいましたが、
ローストがあんなに美味しかったなら、今後もローストだけでも良いですね。

野生動物のステルス能力って、凄いですよね。
枯れ草に落ちたら、見つけられるだろうか・・・?
草むらの中に逃げ込んだところで絶命してたら、見付ける自信はありませんね。
きっと、これから先その悔しさは必ず味わうでしょう(笑)