レーザーレンジファインダーの導入

こんにちは、びくとり男です。

あまりにも獲れなさすぎて、落ち込んでおりますorz
まだ1匹(羽)も獲れてないのに何がハンターだよ!と怒られそうです。
(もう、お怒りの方もいるかも・・・Σ(゚Д゚;≡;゚д゚))


ビクトリーは、ビンテージ銃だけど、近江屋チューンのため、実猟での使用には性能は十分なはず。

スコープはフロントフォーカス付きの10倍まで見えるし、ミルドット仕様なので、これも十分。
ゼロインもして、座射で7センチには入る。

あとは、引き金の引き方、距離の目測、獲物の動き(リードの取り方含む)でしょうか。

この中で、道具に頼れるところは頼ってしまいまょう。

20171220213127fab.jpg

テレレレッテレ~!
レーザーレンジファインダー~!



こちら、値段にびっくりしましたが機能もびっくりしました。
直線距離だけでなく角度も測定出来るのです。

20171220215337b91.jpg
上の数値が直線距離で一番下が角度で上向きがプラスで下向きがマイナス。
真ん中の数値はよく分かりません。
(ゴルフの弾道計算のためでしょう。)

一応±1°の精度とのことです。
左右に傾けると誤差が出ますが。

距離の誤差も±1mだそうです。
中華製のため、信用度は低いですが、
目測に比べれば圧倒的な精度ですね。


次の出猟から、戦線投入することにしましょう。
これで「距離を誤った」という言い訳は通用しませんね。
「使う暇が無かった」という言い訳を使うことにしようかな。


よろしければ、応援の1ポチをお願いいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

こちらからお買い物いただけると、僕が貧乏から脱出できるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント