久しぶりの釣りは微妙な釣果

気づけば、昨年末頃から釣りに行っていない。
色々有ったしなぁ・・・。

それはともかくとして、釣った魚を食べたいぞぉ!
でも、昼間は暑い!
ので!久しぶりの夜釣りに出漁だ!



本日の狙いは、夜間は投げ釣りでアナゴ狙い。
朝マヅメには、サビキと、泳がせ釣りで遊んでみようかな。

さて、今日の釣り場は、始めての日立港第5埠頭。
今まで釣っていた所が釣り禁止になってから、行くところが無くて困っていたので、新規開拓の一環ですね。

それにしても、日立港は便利だね。
港に釣り具店があり、夜間の餌自販機まである。
よし、ここが新たなホームだ。

いざ、サバの切り身でアナゴ爆釣だぁ!!






竿を出してから2時間。
当たりが無い。
虫餌の方が良かったのだろうか・・・。
前の釣り場でも、身餌よりも虫餌だったからなぁ。




チリチリ!チリチリ!と鈴が鳴る!
よおっし!来た来た!





こんばんわ~
20170709213703b8a.jpg

誰だ、キミは?






サメはリリースしました。
種類別がわかれば持ち帰っても良かったけど、わからなかったしね。


その後、順調に釣果を重ね、
ヒトデ(いつの間にかかかっていた)と、タチウオ(隣の人が釣っていたのを見ただけ)などを見ることが出来ました。



よし、そろそろ本気だそうか。涙目



こうして、夜は更け、朝になった。
クーラーボックスは、ただ餌だけを冷やし、
僕は、ただサバを海に投げ捨てるルーチンワークに勤しむ。

そろそろ本気だそう


投げ釣りのタックルを投げサビキに付け替え、ひたすら放り投げる。
当たりもなく、ただ筋肉に疲労が溜まる。


ココッ



・・・・む!?当たりがきたあああああ!


ウルメイワシが1匹。



よく考えると、人生初のウルメイワシだね。


それからは、投げる度に釣れるような入れ食い・・・、にはならず、稀に釣れてくるウルメイワシ。

投げ続けて疲れたので、手元でサビキを上げ下げ。
投げるよりも効率良く、釣れるものの、爆釣にはならず。

サバッコとマイワシ、サッパにウルメイワシを釣ってタイムアップ。納竿となりました。

201707092137045bd.jpg

結局、釣果はサバッコが13匹、サッパが1匹、ウルメイワシが8匹、マイワシが1匹。
それと、リリースしたサメ。
それから、折れたバスロッド。

サッパが1匹だけとは悲しいね。
サッパが食べたかったのに・・・。



でも、こいつらだってありがたい海の恵み。
おいしく頂きましょう。


サバッコは開いて中骨を取ったら、小麦粉と片栗粉を1:1で混ぜたものをはたいて、
201707092137054cd.jpg

170℃ぐらいで揚げましょう。
20170709213705d59.jpg

揚がったら、即座に、醤油とみりんと砂糖を同量、そこに適量のレモン汁を入れた漬けだれに、ジュワッ!とくぐらせたら
20170710211713bc4.jpg

サバッコの南蛮漬けの出来上がり。


その他は、マイワシとウルメイワシは手開きにして、サッパは3枚に下ろして、腹骨もすき取ってフィレにする。
きちんと皮も剥いだら、
201707092137053aa.jpg

小魚の刺身、3種盛りの出来上がり!



それでは頂きましょう。

まずは、サバッコの南蛮漬けから。


小さいけど、ホックリした身に、漬けだれを適度に吸った衣から出てくる酸味の効いたタレが合いますね!
尾鰭までサクサクと食べられて、大きな鯖には無いお手軽感。
血合い骨は、その存在を感じないほどなので、子供でも安心して美味しく頂けますね。
竜田揚よりも、味付けに失敗するリスクも少ないし、大量に釣れたときも安心かも。
(過去に100匹釣ったこともあるけど、そのときは消費に困った)

次に刺身について。

まずは、始めてのウルメイワシから。
鮮度落ちが激しいと聞いていたけど、釣り上げてすぐに氷締めにし、家についたらすぐに捌いて刺身にしておいたけど、それから、12時間チルド室で休んでいた切り身は、痛みは全く感じず、食べるのに不安は無し!いざ!

ほぉぉう!これは面白い!
青魚の旨味を感じるのに、脂っこさが無い!
それなのに、身構えトロッとしている不思議食感。
脂が無いのに脂っぽい感覚。
さっぱりしているのでいくらでも食べられそうな刺身です。
ウルメイワシの刺身は釣り人の特権ですね~。

マイワシの刺身は、ご想像通り。
あえて語ることも御座いませんね。美味しいです。


さて、最後に一般的ではないサッパの刺身。
「サッパリしているから」という理由で、「サッパ」という名前になったとも言われていますが、実はそこそこ脂が乗ってます。
皮を剥ぐ手がテカテカになるぐらいに。
今回は悲しいことに1匹だけだったので、テカテカになるまえに、剥ぎ終わってしまいました。

イワシよりも歯応えはあるけど、適度な脂としっかりした青魚の旨味で、個人的にはイワシと甲乙付けがたいレベル。
見向きもされない外道がこんなに美味しい刺身になるなんて、思いもよらないだろうなぁ。


そんな感じで、久しぶりの釣りは少ないながらも、それなりに満足感を得ることが出来ました。

でも、次は、山ほどサッパを釣って、あれやこれやで食べたいし、アナゴの落としを食べたいな・・・。

次は、虫餌でリベンジする事にしよう。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント