FC2ブログ

はぢめての生春巻き

はじめてといっても、食べたことはありますよ。
作るのがはじめてなのです。

なんか、生春巻きって作るのにハードル高い気がするけど、とにかくやってみよう。



と、言うわけで調理中の写真は取り忘れました。
言い訳としては、巻くときは時間勝負なので、撮るひまが無いのよ。

具材の準備ですが、レタスは千切り。
きゅうりは斜め切りからの千切り。
胸肉は塩茹でして手で割いて、冷やしておく。
ピーナッツを適当にみじん切り。細かくしすぎると食感がないし、粗いとゴリゴリしすぎるので程よい感じで。
エビは塩茹でして、縦に半分に切って冷やしておく。
大葉はそのまま使用しましょう。

さて、巻いていくのですが、ライスペーパーは業務スーパーで売っているもので、小さい方を使用しています。
気になるライスペーパーの使い方ですが、ライスペーパーより大きなフライパンに40℃ぐらいのお湯をはります。
そこに2秒ぐらいくぐらせて、硬く絞った布巾の上に載せて余計な水分をふき取って直ぐに使用します。
ギリギリ巻くことができる程度に硬い。ぐらいで巻かないとどんどん柔らかくなり、扱いにくくなりますので、素早く済ませましょう。

手前に大葉をしき、その上にレタスと鶏肉ときゅうりをのせ、ピーナッツを真ん中にパラパラ。
くるりと一巻きしたら、その奥側に海老を並べたら、端を折り込んでからきつく巻く。
これを半分に切れば普通の生春巻きですが、とある漫画をマネしまして、生ハムを巻きます。
生春巻きの生ハム巻きです。

大切なのでもう一度言います。
「生春巻きの生ハム巻き」です。

20170520190218f6a.jpg

タレは、蜂蜜とレモン汁と醤油とゴマ油。

さあて、初生春巻きを頂きましょう。


うむ、シャキシャキでモッチモチ。
生ハムのおかげで塩味があるので、タレは付けなくても美味しい。
もちろん、タレをつけると味が変わってまた新しい発見。
モッチモチなので、食べ応えもあって、大満足。
これ、思ったよりも簡単だけど、思ったより美味しいぞ。

油で揚げないので、さっぱりしているのもこれからの時期に向いている。(生ハムを巻くとガツンとくるけどね)
これ、ハマるね。とても美味しいよ。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント