草を食べてみた。その感想は……?

カラスノエンドウが食べられるらしい。
「豆の風味」とか「野生の豆苗」とか聞くので、おいしかったらありがたい。
ぜひ食べてみよう。



通常、名前に「カラス」や「イヌ」とつくものは利用価値がないものが多い。
カラスウリなんて、とても食べられないしね。

それなのだが、カラスノエンドウはおいしいの?まじか!

注意点としては、新芽を使うこと。
とのこと。
新芽なら柔らかくて食べやすそう。

さて、カンゾウやヨモギ採りのついでにカラスノエンドウも少し失敬してきました。
201704252123154a4.jpg

うーん、簡単に炒めてみよう。
中華っぽく、鶏ガラスープの顆粒とごま油でさっと炒める。
匂いは、何ら違和感なし。

20170425212314114.jpg

まさに豆苗の炒めものって感じ。

それではいただきます。

………!?


うん、草!!
筋ばっかりだね☆

しかも、セリっぽいようなヨモギっぽいような、独特の臭いがある。
正直、臭いは個性として許容できるけど、噛みちぎれないのはいただけない。

うーん、ギブアップだ。

何だろう。調理法を間違ったか?
それともカラスノエンドウではなかった?


もう一度、採ってきてリベンジするか…?
少なくとも、今回は負けました。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント